メインイメージ画像

熾烈な競争!

内科などの医院を開くよりも歯科開業は相対的に手軽だと言われています。その要因は、大規模な設備が必須ではないこと、予防の点から訪れる方々が大勢いること等が言えます。
ですが、歯科医開業を望む医師も少なくなく、競争も熾烈になっています。経営の面から言うと、結構シビアな状態だと言わざる得ないと思われます。医院の倒産件数のうちだいたい40%が歯科医であると予測されます。
前述のような難しい状況の中で閉院しないためにはどのような経営をするかきちんとした経営計画が絶対となります。
お医者さんとしての腕だけではなく、どういった方法で告知を行うかも重要となってきます。歯科開業セミナーを開いていることもいっぱあるので、勉強してみてはどうでしょうか。

新しく医院を開業する時には、立地条件が成功するポイントとなるでしょう。人の通りもそれほどない地域で医院を開業したとしても、すぐに倒産してしまう現状は予想されます。立地条件として、少なくとも人の通りが多いところである必要性があります。
住宅の多い地域や中学校、企業などが近辺にあることが理想と考えます。
また、特に歯科などはある程度治療することが予想されます。そんな理由で、駐車場の保有、公共交通機関を使用しやすいかなどの項目が立地条件として考えられます。
これら以外にも、テナントなどで開業を考えている皆さんは、訪問しやすいところにあるかどうかも考える必要があると思います。非常に高い階の医院は訪問しにくいと予想されます。

更新情報